サービスセンター
   関係質問
   インストールと登録
   AutoTable に関する質問
   AutoField に関する質問
   TableBuilder に関する質問
   AutoWord に関する質問



AutoTable は、より便利に EXCEL を AutoCAD / AutoCAD LT にインポートでき、効率を大幅に向上できる。インポートされたセルは Excel 原文と同じサイズ、インポートする速度は AutoCAD のテーブル機能より速い。また、インポートする時には色々な設定を行える。AutoTable は変更箇所を便利に AutoCAD / AutoCAD LT のテーブルにインポートできる、同時に AutoCAD / AutoCAD LT での変更を Excel に反映できる。

デモ

ダウンロード&試用

TableBuilder は、より便利に AutoCAD / AutoCAD LT の文字とラインを Excel ファイルにエクスポートできる。同時に、 AutoCAD / AutoCAD LT のテーブルを Excel にエクスポートできる。また、 AutoCAD / AutoCAD LT の文字を Word 或いは Excel に貼り付ける。

デモ

ダウンロード&試用

AutoWordは早く Microsoft の Word ファイルと RTF ファイルを AutoCAD 又は MicroStation 中にインポートして、同期に最新な内容をアップデートすることができます。

デモ

ダウンロード&試用

AutoAttribute は、より便利に AutoCAD にあるブロックのプロパティを Excel に輸出できる。Excel で編集してから、 ブロックの 属性をインポートでき、或いは DWG ファイルに更新できる。また、AutoAttribute を使って Excel のデータによって AutoCAD にブロック引用を挿入できる。同時に、AutoAttribute を使って、Excel にあるキーブロックのプロパティ値で AutoCAD にある対応するブロックの値を更新できる

デモ

ダウンロード&試用

AutoField は、AutoCAD / AutoCAD LT にたくさんのフィールドを追加した。これらのフィールドを使うと、Excel のセルを AutoCAD のフィールドとして AutoCAD のテキスト或いは属性に追加する。同時にフィールドを使ってブロックの数、実体の面積と長さを計算できる。また、AutoField は AutoCAD で EXCEL の IF, ROUND, ROUNDUP, ROUNDDOWN, LEFT, RIGHT, MID などの関数をサポートする。

デモ

ダウンロード&試用

AutoTableDXF は、EXCEL のアドインである。AutoTableDXF は、Excel テーブルを DXF ファイルとして輸出できる。同時に、 Excel ファイルが編集されると、自動的に DXF ファイルまでに反映できる。Excel テーブルから作成したDXFファイルを便利的にRevit と Inventor に追加できる。

デモ

ダウンロード&試用


 

- Sales -
. いつにシリアル番号を届けますか?

- 製品 -
. 試用版にはどんな制限がありますか?
. 試用期間が切れたら、どうしますか?

- その他 -
. 技術サポートには費用が要りますか?
. 製品アップデートには費用が要りますか?


- Sales -

いつにシリアル番号を届けますか?

もし、信用カードで支払ってくれる場合は、確認してから1~2日以内にメールでシリアル番号を送付致します。その他の支払い方式については、料金を届いたら我们会在1~21~2日以内にメールでシリアル番号を送付致します。


- Products -

試用版にはどんな制限がありますか?

試用版に制限がありません。でも、30日間しか使えません。

試用期間が切れたら、どうしますか?

試用期間が切れたら、購入のヒントが出てきます。提示によって購入してください。


- その他 -

Is there any additional charge for support?

emailで無料に技術サポートを提供します。普通は、質問を受けたら直ぐに回答できます。複雑な質問に対しては、出来るだけ、24時間以内に回答できます。

製品アップデートには費用が要りますか?

無料です。

例えば、無料にAutoTable 3.0からAutoTable 4.0までにアップデートできます。
製品が同じAutoCADバージョンでのアップデートは無料です。

AutoCADバージョンでのアップデートは価格の25%をアップデート費用として支払い必要です。例えば、AutoTable for AutoCAD 2007からAutoTable for AutoCAD 2013までアップデートする場合には費用が発生します。